DataArmor GATE DB

秘匿性を担保したまま
データ連携・データ利活用

秘密計算技術により、情報漏洩リスクのヘッジと秘匿性を担保した状態で
データの社内利活用や企業間連携を可能にします。

About the product

DataArmor GATE DBとは

「DataArmor® Gate DB」はデータの通信時・保管時だけでなく、分析・検索・共有といった活用時も、データ層を暗号化して守りながら演算できる、秘密計算技術を採用したデータベース向けソフトウェア(現システムにアドオン導入できるゲートウェイ)です。
情報漏洩リスクへの対策と同時に、秘匿性を担保した状態でデータの社内利活用・企業間連携に利用いただけます。

Point 01データを暗号化したまま活用することで
データ精度の維持と柔軟な分析を実現

秘密計算を用いることで、クラウド上のデータの通信・保管時のセキュリティレベル向上はもちろんのこと、計算過程も暗号状態で処理されるため、データ分析のためのマスキング等は不要になり、データの精度を維持したまま柔軟なデータ分析を行うことができます。
データのセキュアかつ柔軟な活用の実現により、これまで統計値や抽象的な分析結果等を元に検討していたマーケティングや需要予測の精度の飛躍的な向上、競合企業間のデータシェアリングによる新商品開発や物流コストの削減、生産性向上等へ繋げることができます。

Point 02カラム単位でデータ閲覧内容を制御。
秘匿性を担保したデータ連携を可能に

複数事業者間でデータ連携を検討する際、必ずといっていいほど課題に挙がる点がデータ閲覧制御です。これまでは個社別に判断しながらデータをマスキングする等、データ提供のために過大な手間と時間をかける必要があり、データ連携が進まない大きな要因になっていました。
DataArmorGateDBはカラム単位でのデータ閲覧制御がおこなうことができます。事業者間でのデータ連携時に相手先によってデータの秘匿要否をコントロールすることで、データ連携時の課題である秘匿性の課題を解決し、複数事業者間のシームレスなデータ連携を可能にします。

Point 03暗号鍵とデータを常時分離して管理。
データ流出等が生じた際も安心な設計

クラウド上へのデータ移行・活用をめぐる課題として、悪意ある第三者からのデータベースへの侵害により、データが攻撃・流出してしまう問題がたびたび報道されています。
EAGLYSはデータと暗号鍵を別々に管理することで万一データベースや計算サーバーが侵害を受けた場合でも暗号鍵がなければ生データは流出しないと考え、従来はできなかったデータと暗号鍵を常時分離して保管する仕組みの実現に取り組み、クラウド活用のセキュリティレベルの向上を達成しました。

さらに
『GATE DB』について知る

無料資料ダウンロード
Reason

DataArmor GATE DBが
選ばれる理由

01

独自の高速化技術により高速化と機能性(AIへの適用)の両立を実現

DataArmorDBは「準同型暗号」方式の秘密計算手法を採用しています。複数の方式がある中でも「準同型暗号」はセキュリティ強度が高い点、機械学習等の複雑な処理も暗号化したまま実施できる点が特徴ですが、複雑な暗号処理をおこなう分、他の方式に比べ計算速度が劣るといわれてきました。
そこで、イーグリスでは、各種国際学会に採択された自社およびエンジニア陣の研究成果をもとに実証実験や研究を重ね、高速化技術を独自開発いたしました。さらに、データベース機能(検索・集計分析)やAI機能(機械学習)に応用・最適化することにより、複雑な暗号処理をおこなう秘密計算の課題「計算速度」を解決し、業界に先駆けて実用化に成功しています。

02

システムをリプレースすることなく容易に導入が可能

DataArmor GateDBはデータベースとデータの間にインストールして使うソフトウェア(現システムにアドオン導入できるゲートウェイ)のため、新規でサーバーやネットワークを敷設する必要なく、迅速かつ容易に導入いただけます。
*サポート対象データベースやSQL文法等はよくある質問を参照

03

秘密計算技術の商用利用・社会実装のトップランナー

イーグリスのDataArmor GateDBは秘密計算技術の商用利用に成功し、国内においては他社に先駆け、様々な業界でのユースケースを創出、秘密計算技術の社会実装をリードしています。DataArmor Gate DBは実際のビジネスでご活用いただいているからこその安心感や信頼性の他、ユースケースの広がりによる機能改修を重ねており、よりニーズを満たす製品へ日々進化しています。

Q&A

よくある質問

  • 暗号化による個人情報の法的な扱いはどうなるのでしょうか。

    暗号化しても個人情報保護法的には個人情報に該当し、匿名加工情報と同じ扱いにはならないため、個人情報の第三者提供には本人同意やオプトアウトが前提となります。

  • 既存DBからどのように移行すればよいでしょうか。

    データをエクスポートし、CSV化した後、GateDBへインポートしてテーブル作成&データ登録をおこないます。*データインタフェースの開発等への対応は可能です。

  • 導入にどのくらいの時間と工数が必要ですか。

    セットアップ自体は半日もかかりません。本利用開始までの期間という観点では、データ量やテスト期間に依存いたします。

  • 担当者に求められる知識はどの程度ですか。

    データベースを操作できる方は問題なく利用いただけます。

  • 導入時にアプリケーションの変更は必要ですか。

    REST APIに対応していない場合は変更が必要となります。

  • サポート対象データベース、SQL文法は何ですか。

    現在はMySQL、SQL Server、PostgreSQLを対象としていますが、ニーズにあわせて拡充していく予定です。対応プラットフォームがDockerイメージ提供となるため、Docker Engineに依存します。