コラム

AI導入によって得られるメリットや起こりうるデメリット|AI導入の事例も併せて解説

AI

目次

近年ではAIの普及が進んでおり、業務に導入している企業も増えてきています。AIを導入することで大きなメリットを得られますが、注意すべきデメリットもあります。この記事では、AI導入を検討中の企業向けに、AIのメリットやデメリットについて解説します。さらに、AI導入によるメリットを具体的な事例を交えながら紹介します。ぜひ参考にしてください。

AIとは

AIは「人工知能」と訳されます。人間の脳と類似した作業をコンピューター上で再現したもので、日常生活に関連する場所のみならず企業や医療現場における業務効率化に用いられています。

たとえば、AIは音声や画像の認識、自然言語処理などを行うことができます。ただし、人間の感情を理解したり今までにない新しいものを作り出すことはできません。感情の理解や創造性が必要とされる業務は、人間ならではのものであるといえます。

AI導入で得られるメリット

労働力不足を解消できる


AI導入によって労働力不足を解消することが可能です。とりわけ単純作業や定型作業は自動化できるものが多く、AIの導入が増えている分野です。これまで人が行っていた業務の一部をAIに置き換えることで、労働負担の軽減や労働力不足の解消を実現できます。

コストを削減できる


自動化できる業務をAIに代替することでコストを削減できます。作業効率の向上に伴い、より少人数で業務を回せるようになるため、人件費の削減につながります。

また、AIOpsツールと呼ばれるIT運用プロセスを自動化するツールで低コスト化することも可能です。AIOpsツールによって、サーバ構築やITリソースの縮小、運用データを元にした使用効率とパフォーマンスの両立支援などが実現できます。これにより実際にシステムを運用するコストが削減されます。

生産性が向上する


AIで作業におけるヒューマンエラーを減らせます。たとえば、異物検知や不良品のチェックを人間が行うと、勘違いや体調不良といった要因に製品の質が左右されることがありますが、AIを活用すれば高い正確性を保って作業を進められます。その結果、エラーによるリカバリー作業が不要になり、全体の生産性向上につながります。

生活の利便性が向上する


AIは、私たちが日々の生活で利用する多くの場面で導入されています。スマートスピーカーやお掃除ロボットといった家電から設備点検や医療などのインフラ分野に至るまで、あらゆる場面に活用されているAIは私たちの身近なものになりつつあります。こういったサービスの普及がさらなる生活の利便性向上につながることは間違いありません。

顧客満足度・従業員満足度が向上する


AIにより膨大なデータを収集し分析を行うことで、評価がしづらい満足度を可視化できます。たとえば、顧客のパーソナリティや購買行動、市場の変化といったデータからどういうニーズを持っているのか予測できます。そのニーズを拾い上げることで、既存商品のアップデートや新商品の企画開発を行い、顧客の満足度向上が図れます。

また、従業員アンケートや過去の採用情報などの社内データをAIで分析すれば、従業員が会社に求めている要素が見えてきます。結果として従業員満足度の向上も見込めます。

安全性が向上する


企業活動における作業の安全性は、ベテランの勘や経験任せになり、属人化していることがあります。過去のデータを分析し、機械の故障や設備の老朽化の予測をAIが高精度で行います。その予測をもとに点検や対策を行うことで、事故を未然に防ぐことにつながります。

コミュニケーションの質が向上する


AIの導入によってコミュニケーションの質が向上します。具体的なサービスとしては、AIチャットボットや自動翻訳などが代表的です。AIチャットボットのように人を使わない応答システムの充実は、担当部署の対応コスト削減や対応品質の均一化を実現します。さらに、頻繁に問い合わせされているキーワードを調査し、社内にあるナレッジを集約することもできます。

精度の高いデータ分析・予測が行える


AIは、人間が行うよりも効率的に精度の高いデータ分析や予測を行います。たとえば、購買データや顧客からの評価を元に商品の需要を予測し、生産ラインの稼働率や生産量の最適化をおこなうことができます。これにより、高精度な需要予測によるコスト最適化や売上拡大を見込めるようになります。

AI導入で起こりうるデメリット

雇用が減ってしまう懸念がある


AIの導入で労働力不足が解消する反面、人間の仕事が減少する可能性があります。特に、単純作業が多い職業の雇用減少が懸念されています。ただ、すべての業務をAIが担うようになる可能性は低いといわれています。AIよりも人間の方が創造性を持っているからです。そのため、新しいものを作り出すクリエイティブな業務に関しては、今後雇用ニーズが高まることが予想されます。

リスクマネジメントが難しくなる


AIを大規模に利用すればするほど、リスクマネジメントが難しくなります。AIに任せていた業務でトラブルが発生したときには、一連の業務がストップすることもあり得ます。そのような状態に陥った際の責任の所在がわからない点はデメリットといえます。

情報漏洩のリスクがある


AIに緻密な機械学習をさせるには、膨大なデータを読み込ませる必要があります。そこで顧客情報や社外秘の機密情報を取り扱うことも少なくありません。しかしそういった情報をAIに学習させる際には、ネットワーク上でのデータの行き来がともなうため、外部からのハッキングや情報漏洩を想定した。情報セキュリティ対策が必要になります。

外部からアクセスされた場合でもデータを保護できるように暗号化したり、暗号化状態で分析ができる秘密計算技術等を利用し、安全に運用できる準備をしておくことが大切です。

※機密なデータのセキュリティ対策についてはこちらをご参考ください。

AI導入によるデメリット解消のヒント

AI導入のデメリットを解消するヒントを解説します。

人間とAIとの共存を意識する


AIは、ビッグデータの解析や需要予測、データ解析・分析、バックオフィス業務など、マニュアル通りの作業を担います。そういった業務にかけていた労力がを最小限に抑えられるので、人間にしかできないクリエイティブな業務に注力することができます。そのためにも、AIが担う業務と人間が担う業務を区別しておくことがおすすめです。それぞれのバランスをとって運用すれば労働時間を削減できるメリットにもなります。

AIが行ったことに対する責任の所在を確認する


AI設計時の欠陥がない場合、AIの行為による責任を所有者(管理者)が取る可能性があります。何か起きた時に誰が責任を取るのか見失わないように、初期設定時の要件定義や、手順ルールの規定をしないまま進めることが大切です。

AI導入によるメリットの事例

医療業でのAI導入事例


人材不足が深刻な医療業界では、現場の負担減やヒューマンエラーの解消に役立つとして、AIの導入が進められています。AIでの診断支援による検査の自動化などによって、医療現場の負担低減や医師不足解消の助けになります。

インフラ業でのAI導入事例


インフラ業でもAIが導入されています。たとえば、ドローンとAIによる点検作業が行われています。インフラの点検作業は少しのミスでも、大規模な事故につながる可能性があります。しかし、点検が必要でも人が到達できない場所や視認が難しい場所があります。AI導入によって、そういった場所のカメラ画像やセンサーを管理できるようになり、点検精度や業務効率を向上することができます。

製造業でのAI導入事例


製造業では、倉庫業務や品質管理をAIで自動化したことによって従業員の負担低減に成功した事例があります。熟練工の経験則や感覚に依存していた品質管理も、経験値に関わらず誰でも行うことができるようになりました。

社内教育でのAI導入事例


社内教育でもAIが導入されています。指導や採点がAIで自動化されたことで、教師の負担が軽減されました。さらに、社員研修やトレーニングにおいても、オンライン学習を活用することで空き時間に効率的に学習が進められるメリットが期待できます。

経理業務でのAI導入事例


経理業務でのAI導入事例には、請求書や契約書の電子化や定型的な作業の代行などがあります。経理業務は数字上のミスが許されない現場であり負担も大きいものですが、AI導入によって業務負担の軽減が可能になりました。

セキュリティ部門でのAI導入事例


AIを活用した防犯対策


AIは防犯対策に大きく貢献しています。街なかの防犯カメラを利用した警察庁による車両の判別や街頭犯罪の予測は、犯罪を未然に防止するうえで有効です。また、金融機関においてはマネーロンダリングや不正検知なども、AIを利用して行われています。

AI解析や秘密計算技術により与信判断業務や不正検知/AMLの課題を解決。|EAGLYS

顔認証による入退場管理


AIが搭載された防犯カメラは、顔認証による入退場管理にも利用されています。AIによる画像解析技術によって事故や万引きの防止、侵入検知などが実施でき、セキュリティレベルを大幅に上げています。

農業でのAI導入事例


農業では、収穫や仕分けの自動化やドローンでの農薬散布といった場面でAI技術が導入されています。また、画像認証技術によって害獣の侵入検知も可能です。AI導入で得られたメリットには人手不足の解消、コスト削減などがあります。

マーケティング部門でのAI導入事例


マーケティングの部門では、AI導入による正確な需要予測が期待されます。需要予測の正確性が増すと、供給の過不足を防ぎロスも削減できます。AI導入によって業績向上も期待できる点がメリットです。

まとめ

AIはコストを削減しながら生産性を向上させるなど、さまざまなメリットをもたらします。ただし、AIの適切な導入方法は、企業の業種、業態によって異なります。AI導入を検討するなら、まずはAIのプロに相談することがおすすめです。

EAGLYSでは、高度なAIアルゴリズム設計技術を持ち、企業に最適な形でAIのモデル設計を行うことが可能です。自社にあったAIの活用方法について、ぜひお気軽にお問合せください。

お問い合わせはこちら

一覧に戻る