Industry Use Case

物流

AI 秘密計算

AI解析やデータ連携・利活用により物流業界の不を解決

オンライン市場の拡大に伴う物流量増加により物流業界の需給は逼迫しています。イーグリスではAI画像解析を活用した出荷業務の省力化や無人化に貢献。秘密計算の活用により秘匿性を担保したまま、サプライチェーン間における企業データ連携・データ利活用を可能にし、需要予測や配送計画の高度化など課題解決を支援します。

Issue よくある課題

オンライン市場(EC)の拡大に伴い増加する物流量は今後も増加の一途を辿りそうな一方、労働人口は減少は続いています。AIやデータを活用した物流センター業務の省人化、ラストワンマイル問題の解消やドライバーの待機時間の低減等、出荷から配送に至る工程の生産性向上は、物流分野における喫緊の課題といえます。

Data Security & Utilization of data

データセキュリティ/データ利活用の取り組み

高速・高精度なAIによる画像解析で物流センターの無人化を支援

昨今、多くの物流会社や工場では物流センター内の無人化や省人化を目指し、物流センターや倉庫内に複数のカメラを設置することで、撮影した画像をAIで解析し、出荷商品の判定・異常検知・エリアの仕分け等に取組んでいます。しかし、汎用的なパッケージのAI解析では商品の判別精度が不十分であったり、適用先の汎用性(頑丈性)の低さが課題で、数万点単位の商品がある物流センターや倉庫では思うような結果に繋がらないという課題があります。

Case study 事例タイトルが入ります在庫管理システムの入力の自動化による物流センターの無人化の実現

昨今、多くの物流会社や工場では物流センター内の無人化や省人化を目指し、物流センターや倉庫内に複数のカメラを設置することで、撮影した画像をAIで解析し、出荷商品の判定・異常検知・エリアの仕分け等に取組んでいます。しかし、汎用的なパッケージのAI解析では商品の判別精度が不十分であったり、適用先の汎用性(頑丈性)の低さが課題で、数万点単位の商品がある物流センターや倉庫では思うような結果に繋がらないという課題があります。

Case study 事例タイトルが入ります在庫管理システムの入力の自動化による物流センターの無人化の実現

昨今、多くの物流会社や工場では物流センター内の無人化や省人化を目指し、物流センターや倉庫内に複数のカメラを設置することで、撮影した画像をAIで解析し、出荷商品の判定・異常検知・エリアの仕分け等に取組んでいます。しかし、汎用的なパッケージのAI解析では商品の判別精度が不十分であったり、適用先の汎用性(頑丈性)の低さが課題で、数万点単位の商品がある物流センターや倉庫では思うような結果に繋がらないという課題があります。

データセキュリティ技術を活用したその他の事例

  • 項目テキストこの文章はダミーです。文字の大きさ、行間等を確認するために入れています。
  • 項目テキストこの文章はダミーです。文字の大きさ、行間等を確認するために入れています。
  • 項目テキストこの文章はダミーです。文字の大きさ、行間等を確認するために入れています。
  • 項目テキストこの文章はダミーです。文字の大きさ、行間等を確認するために入れています。

さらにデータセキュリティ技術/データ利活用について知る

Data Security & Utilization of data

データセキュリティ/データ利活用の取り組み

高速・高精度なAIによる画像解析で物流センターの無人化を支援

昨今、多くの物流会社や工場では物流センター内の無人化や省人化を目指し、物流センターや倉庫内に複数のカメラを設置することで、撮影した画像をAIで解析し、出荷商品の判定・異常検知・エリアの仕分け等に取組んでいます。しかし、汎用的なパッケージのAI解析では商品の判別精度が不十分であったり、適用先の汎用性(頑丈性)の低さが課題で、数万点単位の商品がある物流センターや倉庫では思うような結果に繋がらないという課題があります。

Case study 事例タイトルが入ります在庫管理システムの入力の自動化による物流センターの無人化の実現

昨今、多くの物流会社や工場では物流センター内の無人化や省人化を目指し、物流センターや倉庫内に複数のカメラを設置することで、撮影した画像をAIで解析し、出荷商品の判定・異常検知・エリアの仕分け等に取組んでいます。しかし、汎用的なパッケージのAI解析では商品の判別精度が不十分であったり、適用先の汎用性(頑丈性)の低さが課題で、数万点単位の商品がある物流センターや倉庫では思うような結果に繋がらないという課題があります。

Case study 事例タイトルが入ります在庫管理システムの入力の自動化による物流センターの無人化の実現

昨今、多くの物流会社や工場では物流センター内の無人化や省人化を目指し、物流センターや倉庫内に複数のカメラを設置することで、撮影した画像をAIで解析し、出荷商品の判定・異常検知・エリアの仕分け等に取組んでいます。しかし、汎用的なパッケージのAI解析では商品の判別精度が不十分であったり、適用先の汎用性(頑丈性)の低さが課題で、数万点単位の商品がある物流センターや倉庫では思うような結果に繋がらないという課題があります。

データセキュリティ技術を活用したその他の事例

  • 項目テキストこの文章はダミーです。文字の大きさ、行間等を確認するために入れています。
  • 項目テキストこの文章はダミーです。文字の大きさ、行間等を確認するために入れています。
  • 項目テキストこの文章はダミーです。文字の大きさ、行間等を確認するために入れています。
  • 項目テキストこの文章はダミーです。文字の大きさ、行間等を確認するために入れています。

さらにデータセキュリティ技術/データ利活用について知る