Product

プロダクト

EAGLYSの秘密計算技術を簡単に利用いただける
ソフトウェア「DataArmorシリーズ」について紹介いたします。

About

DataArmorシリーズとは?

EAGLYSが開発・製品化した秘密計算ソフトウェア「DataArmor(データアーマー)シリーズ」は、データを暗号化したまま分析・検索・共有することができ、セキュリティと秘匿性の両面を担保した社内外でのデータ連携・利活用を実現できます。
また、データだけでなくAIのモデル自体も暗号状態で計算できるため、外部のデータをセキュアに受取り、 クラウド上で解析し統計値として返す、といった利用にも対応しています。秘密計算を活用することでクラウド上でのAI解析サービスのセキュリティレベルを従来と比べ飛躍的に向上させることができるようになります。
DataArmorシリーズのプロダクトは現在下記の3つを提供しています。

dataArmor
  • dataArmor GATEDB

    社内外での機密データ共有・データ流通には、秘密計算可能な高機能暗号化ゲートウェイ。

  • dataArmor GATEAI

    機密データをAI活用したい場合は、AI処理の全プロセスを暗号化したまま行う秘密計算可能なAI用高機能暗号化ゲートウェイ。

  • dataArmor Room

    GATE DBとGATE AI、2つの製品の概念を、多種多様な業界のユーザーが活用できるように、セキュアな環境のままプラットフォーム化。

Diagram

DataArmorシリーズ
プロダクトの関係図

DataArmorシリーズにより、データセキュリティの高度化はもちろんのこと、
事業者間のデータ連携や連携基盤の早期立上げ、クラウド上でのセキュアなAI解析・提供等を実現し、
物理的・システム的な制約を超えた幅広いデータの利活用を可能にします。

Lineup

DataArmorシリーズ
プロダクト・サービス
ラインナップ

私たちは、これらDataArmorシリーズを提供することで、企業の自由なデータ利活用を促進しています。
いずれもアドオン形式のソフトウェアのため、お客様自身で手軽に操作していただくことが可能です。

dataArmor GATEADB

データを秘匿化したまま連携し、
分析・利活用

「DataArmor® Gate DB」は機密性の高いデータの社内連携はもちろん複数企業間でデータを連携したい方におすすめのデータベース向け秘密計算ソフトウェアです。
データの通信時・保管時だけでなく分析・検索・共有等の活用時も、データ層を暗号化して守りながら演算できる新しい暗号技術を採用していますので、情報漏洩や秘匿性の心配をすることなくデータを活用できます。
DataArmorはデータベースとデータの間にインストールして使うソフトウェア(現システムにアドオン導入できるゲートウェイ)のため、サーバーやネットワークの敷設なく、迅速かつ容易に導入いただけます。

詳細を見る
dataArmor GATEAI

機密データもAIモデルも暗号化。
クラウドのセキュリティリスクを低減

「DataArmor® Gate AI」は機密性の高いデータをクラウド上でAI解析したい方におすすめのAI活用向け秘密計算ソフトウェアです。AIモデル自体を常時暗号化したまま推論処理を行うことにより、データとモデル双方の漏洩リスクを低減し、プライバシーにも配慮しながら機械学習を活用することができます。
インストール(現システムにアドオン導入)して使うソフトウェアのため様々なプライバシーポリシーに対応でき、既存のシステム環境でご活用いただけます。一般的な機械学習モデルにも対応しているほか、個別のユースケースやAIモデルにあわせた柔軟なカスタマイズも可能です。

詳細を見る
dataArmor ROOM

セキュアなデータ連携・利活用を
クラウド環境で早期に実現

「DataArmor Room」はクラウドの利便性を最大限に活かしつつ、セキュアなデータ連携・利活用環境を即座に立ち上げられるようパッケージ化した製品です。 DataArmor Gate DBやDataArmor Gate AI同様、秘密計算技術を採用しているため、データもアルゴリズムも秘匿状態のまま分析/解析処理をおこなえます。DataArmor Roomを使うことで、クラウド環境に対するセキュリティの懸念や、他社とのデータ共有時の秘匿性の心配をすることなく、機密性の高いデータの連携やリモート環境でのデータ利活用等に利用いただけます。

詳細を見る

ユースケースから
さらにEAGLYSの技術・
サービスについて知る

ユースケース