秘密計算とAI開発でデータ利活用を推進するEAGLYS、秘密計算のオフラインイベントをEAGLYSオフィスで開催  ~秘密計算コンソーシアム初のオフライン交流会も同時開催~

秘密計算

EAGLYS(イーグリス)株式会社(本社:東京都渋谷区、代表取締役社長:今林広樹、以下EAGLYS)は、共同運営する秘密計算コンソーシアムの定期イベント「秘密計算.jp 第5回」を、2021年12月9日(水)にEAGLYSオフィスにて開催いたしました。


秘密計算.jp#5(第5回)概要

 テーマ:秘密計算の実証実験とは?〜事業者側からの目線〜
 開催日:2021年12月8日(水)18:00~20:00
 会場名:EAGLYSオフィス(東京・新宿)
 コンテンツ:メインセッション「秘密計算PoCの実態・各社の取り組み(事業者側)」、トークセッション、交流会 


 第5回目では、秘密計算の実用化に取り組む事業会社2社をゲストに迎え、取り組み事例や今後の活用方針を交えてご紹介いただきました。

 デジタル・アドバタイジング・コンソーシアム(DAC)社からは、パートナービジネス本部 シニアマネージャー 岩井崇明氏にご登壇いただき、デジタルマーケティング領域における秘密計算のPoC事例や秘密計算を用いた新たな取り組みについてご紹介いただきました。 

 また、SBテクノロジー社からは、グループ事業統括 兼 法人公共事業統括 兼 経営企画本部事業戦略室 シニアストラテジスト 福嶋健二氏にご登壇いただき、スマートシティやマーケティング領域での秘密計算の活用ケースや、ソフトバンクグループにおける秘密計算の活用可能性について具体例を交えてご紹介いただきました。

 

当日の様子

 当日はあいにくの天候ながら、事前申込み者のうち8割もの方に新宿EAGLYSオフィスまでお運びいただき、盛況のうちに終了しました。 

 トークセッションや交流会の時間では、各社がPoCに至った背景や従来のサービスに秘密計算技術が加わることで顧客や社会にどのようなイノベーションをもたらすか等、登壇者への質問が活発におこなわれ、オフライン開催ならではの活気のあるセミナーとなりました。

※本イベントは、入室時の検温・手指の消毒、登壇者含めイベント中のマスク着用等、東京都の要請に従いコロナ感染拡大防止対策を徹底して開催しています。

※次回開催については会員向けメールマガジンやテックプレイでお知らせいたします。

 

秘密計算とは

 秘密計算とは、データを暗号化したまま計算できる新しい概念の技術です。秘密計算技術を用いることによってデータそのものも計算処理過程も暗号化されるため、個人情報や企業の機密なデータを活用するための匿名加工作業をおこなうことなく、複数企業間でも互いにデータ秘匿したまま連携・分析できるようになります。

 このように生データの精度とセキュリティを両立させてデータ分析がおこなえることから、データ利活用時代のトップトレンド技術として国内外で注目を集めています。

※EAGLYSの秘密計算サービスはこちら
https://www.eaglys.co.jp/service#datasecurity

 

「秘密計算.jp」とは

 秘密計算.jpは、AcompanyとEAGLYSが共同運営する「秘密計算コンソーシアム」が主催する定期開催イベントです。プライバシーテックや秘密計算を活用したビジネス・テクノロジー等、秘密計算を中心としたさまざまテーマで定期的に開催しています。

※過去の開催実績はこちら
https://securecomputing.jp/34703dacdbc94f7c93dedd63be72e742

※「秘密計算コンソーシアム」詳細はこちら
https://securecomputing.jp/


一覧に戻る