【Business Development】“AIとデータ連携”の両輪で日本企業の経営課題を解決する

EAGLYS 取締役 / CSO(最高戦略責任者), CRO(最高収益責任者)宮島 千尋

EAGLYSの事業について

私たちEAGLYS(イーグリス)は、『あらゆるデータを安全に活用し価値に変える』ことをミッションに掲げ、データを安全に集め、活用するためのデータセキュリティ/データ利活用支援と、集めたデータを価値に変えるためのAI設計・開発、解析支援の2軸で事業展開しています。

EAGLYSのユニークな点はデータセキュリティとAI解析の2軸を掛け合わせた提案がおこなえることです。データの安全な連携や利活用を支えるデータセキュリティ技術とデータを価値に変えるためのAI解析技術、それぞれの分野で世界トップクラスの技術を有しています。ビジネスにおいて社会の大きなトレンドを捕まえることはもちろん重要ですが、トレンドに乗るだけでなくキチンと実現させていく上で高い技術力を自社で持ってることが特に重要だと考えていて、その点、EAGLYSは非常に面白いポジショニングで事業展開している企業といえます。

それぞれの事業の魅力・面白い点

事業個別の話ではないのですがAIは今後さらに活用の幅が広がり、伸びていく市場とみられています。AIが生活の中でより使われ、そのポテンシャルを最大限に発揮していくためには、インプットするデータの量がポイントになってきます。

但し、必要なデータ量を個々の事業者が独自で確保していくのはなかなかにシンドイです。世界に目を向けても、GAFAMクラスの企業がある特定領域で必要なデータ量を獲得できるかどうかだと思います。そのような環境下でAIが発展していくために求められるのが事業者間のデータ連携だと考えています。

普段の生活でもスマートホームやMaaSといった言葉を耳にするぐらい、いまやあらゆるデバイスやサービスが相互に連携し、生活をより豊かにする新たなサービスが生まれてきていますが、このデータ連携のトレンドはAIと同様に不可逆的に進んでいくものだと思います。

データ連携を進める上では、データの安全性や秘匿性をどう担保していくかが鍵といえるでしょう。大切なデータを他者と連携するのですから、仮にクラウド上で連携する場合にデータ流出のリスクはないだろうか、どこまで相手に見せてよいのかといった点は実際にクライアントと話をしていてもよく課題にあがります。


私たちEAGLYSがデータセキュリティ/データ利活用のために取組んでいる秘密計算や連合学習といった技術は、正に『データをいかに安全に連携するか』にフォーカスした技術です。

今後の社会のトレンドの最先端に位置する“AI”、“データ連携”。ここをいかに伸ばせるかが、イコール日本企業の成長余地に直結してくるため相当に大きなインパクトを社会に与えるテーマだと感じています。

困っていることや現在の課題

DXというキーワードを契機に、AIもデータ連携も大企業各社が注力して取組んでいる一方、どのような問題を解決するためにどのようなAIが最適なのか、そもそもどのデータを集めるべきかといった問いの設定が上手くできず、プロジェクトを進められないケースが非常に多いです。

そのため、PoCをやってみたが上手くいったのか評価できないままPoC止まりで終わる、そもそもプロジェクトが立ち上がらずDXプロジェクトが進められないというご相談をよくいただきます。

そのような課題に対して、私たちは構想策定からご一緒し、問いの設定やデータ活用の構想策定コンサルティングをさせていただくことが急激に増えています。いま正に変革が起き始めている最中だと感じているので、AIとデータ連携で日本企業の経営課題を解決し、産業のアップデートを自ら最先端に立って牽引したいという志ある仲間を絶賛募集中です。

Business Developmentに期待すること

お任せしたいこと、期待していることとしては、主体的且つ貪欲にクライアントの課題解決を推進してもらうことです。受け身でなく、役割の線引きを意識し過ぎず、あらゆるアプローチを駆使してでも目的を実現するという気概と好奇心を持ち、その過程を楽しめる方は非常にマッチするのではないでしょうか。

興味を持ってくださる方のメッセージ

課題のところでも触れましたが、現在、日本を代表する大企業の経営課題に対し、AIやデータ連携という最先端のテーマの取組みが拡大しています。

私たちは構想策定から解決に繋がるアルゴリズムの開発・実行や、複数社を巻き込んだデータ連携の推進等、スピード感をもって取り組んでいます。


当然、難易度も高いですが、非常にエキサイティングなテーマに日々向き合え、この一歩が日本の産業のアップデートに確かに繋がっているという手触り感も味わえる仕事だと思いますので、興味を持っていただけた方はカジュアルな面談からで構いませんので是非お気軽に応募いただきたいです。

AI、データ連携という2つの軸で共に日本の産業をアップデートしていきましょう!


EAGLYSの求人情報を見るhttps://herp.careers/v1/eaglys



一覧に戻る