コラム

AI技術の知識と活用方法を学ぶ!今後の発展がもたらす社会への影響

AI

目次

AI技術の発展は目覚ましく、近年さまざまな分野で活用されています。この記事では、AI技術の概要や歴史、AIが重要とされる理由などを解説します。あわせて、AIの発展が社会にどのような影響を与えるのかなども解説するため、ぜひ参考にしてください。

AIとは何か

AIとは「artificial intelligence」を略した言葉で、日本語では「人工知能」となります。AIの明確な定義は決まっていませんが、一般的には判断や学習、推論などといった人間が行う知的活動をコンピュータで再現したものとされています。

AIは経験から学ぶことによって、人間のように柔軟に課題を解決できます。AIが多くの場所で活用されるようになると、生活がより便利になるだけでなく、ビジネスの効率化も期待されます。

AIの歴史について

1956年に開催されたダートマス会議において、人間のような知能を持つ機械を「AI」と呼ぶことが決まりました。その後、1960年代になるとアメリカの国防総省がAI技術に興味を示し、人間の論理的思考を模倣できるようにコンピュータをトレーニングする研究を開始します。これを機に、第1次AIブームが到来しました。その後もブームと冬の時代を繰り返し、2000年代からは第3次AIブームが続いています。

AIが重要とされる理由とは

AI技術に関する研究は日々進んでおり、重要性も高まっています。ここでは、AIが重要とされる理由を2つ解説します。

既存テクノロジーの改善・強化ができる


AI技術を利用することによって、既存の製品やテクノロジーなどが改善・強化され、さらなる利便性を獲得することが可能になります。たとえば、AI活用により会話型プラットフォームや自動化などのシステムがより発展し、精度向上につながります。
 

蓄積データを最大限に活用する


膨大かつ多様なデータを人間が分析することは難しいため、ビッグデータの分析にはAI技術が必要になります。AIが導き出した分析結果から疑問への回答や将来の予測などが可能となり、業務の効率化を図ることができます。

社会におけるAIの現状とは

実用化が進んでいるAI技術の一つが、予測です。さまざまな行動を予測しサポートする分野において、これらのAI技術が活用されています。ただし、現状は人間の判断のほうが的確かつ優れているケースが多いです。

人がAIよりも優れている点は何か

データが不十分な状態での決断においては、人のほうが優れているといわれています。AIの分析はデータをもとにしたものであるため、データが足りない場合には正確な判断や予測が難しくなります。また、人間が最新のデータを入れない限りAIは新しい情報を解析に活用することができないため、AIが知らない事柄であっても人間はその知識を有していることから、一部の側面ではAIよりも人の方が優れているといえます。創造力の面でも人が勝っており、芸術などのクリエイティブな分野ではAIよりも人のほうが優れています。

AI技術の普及が及ぼす仕事への影響は

AI技術が広く普及することで、人間の仕事に影響を及ぼすといわれています。AIの普及がどのような影響を及ぼすのかについて詳しく解説します。

AI技術の普及が進んでも無くならない職業とは


AIは優れた技術です。しかし、AIよりも人間の能力の方が優れているケースが数多くあります。野村総研の調査によると、AI技術で代替することが難しいと考えられている職業は100種類にも及ぶとされています。たとえば、小児科医や内科医などの医師、デザイナー、経営コンサルタント、教員、ケアマネージャーなどは、AI技術で代替できる可能性が低い職業です。

AI技術の普及が進んで代替の可能性がある職業とは


人間の方が優れている能力がある一方で、AIの方が高い成果を上げることができる職業もあります。野村総研の調査によると、AI技術で代替することができる可能性の高い職業も100種類あるとされています。たとえば、一般事務や医療事務などの事務職、警備員、建設作業員、倉庫作業員、ホテルの客室係、IC生産オペレーターなどは、AI技術で代替することが容易な職業です。

AI技術が各業界にどう影響しているか

AI技術はさまざまな業界に導入されています。ここでは、AI技術による各業界への影響について解説します。

製造業について


製造業では、AIを活用した不良品検品が実用化されつつあります。また、AIは高い精度で製品の需要を予測することができるため、在庫数の最適化などにも活用され始めており、コスト削減につながっています。

小売業について


小売業では、機械ロスの削減にAIが活用されています。多くの店舗から収集した売上データをAIによって分析することで、需要の増減を予測することが可能です。また、店舗の混み具合や顧客の着席時間なども含めることで、さらに高い精度で需要を予測できます。

金融業について


金融業では、AI技術の活用により窓口や事務作業などにおける業務効率化が可能です。また、AIによるスコアリングで融資の可否を判断することなどが行われています。その他にも、AI技術を利用した不正監視システムによってセキュリティの強化が実現可能です。

農業について


農業では、AI技術を搭載したロボットが開発されています。人の目で確認することなく収穫から選別までAIで完結して行えるため、人的コストの削減につながります。また、除草作業の自動化により、化学肥料の使用量削減も可能です。

水産業について


水産業では、魚がエサを食べる様子をリアルタイムで評価し、AI技術によって魚の食欲を自動で判定できるシステムが開発されています。また、AI技術とドローンを組み合わせて活用することで、密猟の監視や抑制に役立っています。

不動産業について


不動産業では、AI技術を活用したアプリによって最適な住居の提案をすることができます。また、AIによる賃貸物件の賃料査定も可能です。周辺物件などのデータから適切な設備投資の提案ができるため、空き巣対策にも役立ちます。

医療業について


医療の分野では、AI技術を活用した画像認識により早期胃がんの検出に成功しました。また、介護現場においても、AIによって入居者の確認や転倒、発作などの検知が可能です。将来的には、自動診察も可能になると期待されています。

建設業について


建設業界では、人手不足が深刻な問題となっていますが、AI技術を活用することで単純作業を自動化できるため、人手不足の解消につながります。また、従来は熟練の技術者のスキルが必要だった点検や改善なども、AI技術で効率化が図られています。

サービス業について


飲食などのサービス業でも、AI技術が活用されています。たとえば、ピザ生地のサイズに合わせて具材を最適な位置にトッピングすることができるシステムなどが開発されています。また、来客数の予測にAIを活用することで、食品ロスの削減にもつながります。

AI技術に関係する用語について

ここでは、AI技術に関係するさまざまな用語について詳しく解説します。

機械学習とは


機械学習とは、分析モデルの作成を自動化できるもので、AI技術の一つです。AIにデータを学習させることにより、人間に近い思考や推論を行うことができます。

ディープラーニング(深層学習)とは


ディープラーニング(深層学習)とはAI技術に含まれるもので、機械学習の一つです。膨大な量のデータから複雑なパターンを学習するもので、画像認識や音声認識などの技術に使われています。

自然言語処理とは


自然言語処理とは、AIが大量のテキストデータを分析する技術のことです。自然言語とは人間が日常的に使用している言語のことで、自然言語処理を行うことによって人間が使用している言語を分析、理解、生成できます。

APIとは


APIとは、特定のプログラム機能の利用を簡素化するものです。APIによって、既存ソフトウェアにAIの追加を簡単に行えます。また、他のソフトウェアやプログラムの機能を共有できる仕組みでもあります。

まとめ

この記事で紹介したAI技術は、汎用的かつ一般的な解析技術であり、社会実装を行うための内容です。記事内で紹介した成功例のようにAI技術を活用するには要件定義やAIモデルの選定などが必要で、AI技術の選択に加えて専門的な知識も必須になります。

EAGLYSでは構想策定から共同してアイデアを具現化することができます。優れたAIのアルゴリズム設計技術を有しているため、さまざまな種類のモデル設計が可能です。AI活用を検討されている方は、ぜひお問い合わせください。

お問い合わせはこちら

一覧に戻る